IQ300の人の脳しょうを飲みたい

こんにちは、せがわです。

ここ最近カラオケ行ったりご飯行ったりしてウキウキのイェイだったので、

ブログすっぽかしてました。スミマセンてへへ。

 

相変わらず次回作をのんべんだらりんと作りつつ過ごしております。

最近はダンジョンマップに構ってることが多いです、エネミーエネミー。

ダンジョンのギミックって考えるのちょう難しい……難しくない?

こういう謎解きとか仕掛けを考えられる人って、本当にすごいと思います。

まじリスペクトっす。どういう頭してるんだ、脳しょうよこせ!

 

あのね……私みたいに地頭の良くないヤツがね……

「すっげぇ難しい仕掛けでプレイヤーを惑わせたろ!!w」と思っても、無理なんです

よ……。

難しくしようと思っても、なんとなくね……どうしても簡単になっちゃうんです

よ……。

それでなんとなーく、自動的にゲームの難易度も下がるんですよ、ええ……。

決してプレイヤーの皆さんに対する親切心とかじゃないんです、ええ、そうなんです

よ……。

 

逆に、すごい頭のいい人がゲーム作ったら、

常人にはとても理解できないようなエゲツナイ難易度のゲームができそう。

東大生とかハーバードの方々にゲームとか作らせたら絶対にヤバい。

因数分解とか、ナントカの法則とか、ふつうに謎解きに練りこんできそう(偏見)

 

でも、そうじゃないのかなあ。

頭のいい人は頭がいいから、ちゃんと分からせる謎解き作ってくれるのかなあ。

なんか、そんな気もするな。

頭のいい人って、頭いいからな(IQ5並の発言)

 

 

ちなみに私、数学が死ぬほど苦手でした。

センターの過去問を解いて、自己採点8点だか14点だかとった時は、さすがに笑ったよね。

うわあ!カンでマークシート埋めたのがまずかったなあ!

よし、もっとカンをみがこう!とか思ってました。ちがう、そうじゃない。

 

では、今回はこのへんで。