忘れられないゲーム

こんにちは、せがわです。

 

突然ですが、誰にでも、「忘れられないゲーム」ってありますよね。

そんなわけで今日は、私が愛してやまないゲームの話をしようと思います。

こんなに好きなゲームなんだから もう当然ブログで話したつもりになってたけど、

そんなことはなかった。

マジで最高のゲームなのでプレイできる環境がある人はぜひプレイしてください……(血眼)

 

ドット絵や寄り道要素、目ん玉モチーフが好きになったのは、

このゲームのせいと過言ではない……というほど、私の趣味嗜好を形成したゲームです。

中古ゲーム屋でパケ買いしたゲームだったのですが、

このゲームが私の人格を、大きく狂わすことになる……(ゲームのせいにするな)


そのゲームとはこちら!今は懐かしいゲームボーイアドバンスの!

オリエンタルブルー 青の天外

f:id:nantekotodesyoune_segawa:20191224111344j:plain

www.youtube.com


変態じみた緻密なドット絵!

ワクワクと哀愁と不気味さただよう重厚なBGM!

キモカワイイ敵!

そんな魅力あふれる世界を「自由に旅してください」と言わんばかりのフリーシナリオ!

 

思い出補正もあるだろうけど、

ここまで「自分で冒険してる」と思わせてくれたゲームは、はじめてでした。

たまにちょっと敵が強くてシビアな所があるのですが、それが逆に冒険への没入感を高めてくれます。

そうだよな!しょっぱな倒せる敵ばっかりいるのって、よく考えたら、おかしいよな!

こちとらレベル1だぜ!


ただこのゲーム、雰囲気が全体的に不気味で、トラウマイベントが非常に多いです。

旅の途中 偶然に立ち寄った のどかな農村が、

とうとつに ゾンビみたいなやつらに襲われていたりするんです。

 

それまで一本道RPGしかしたことなかった私は、その村の惨劇を見ても

「ああ、これそのうちストーリーで助けに行くことになるんだろうな」と思って、

放っておいてしまったんですよね……。

 

その後、待てど暮らせどその村がストーリーに絡んでこないもんだから、

「そういえばあの村どうなったんだろ~wうぇいっw」くらいの軽い気持ちで訪問したら

村人が全員ゾンビにされてるわ、田んぼの水が真っ赤になってるわで、もうね……。

しかも、そうなってしまったらもう村人を助けることは不可能でね……もうね……。

 

今思い出しても、かなり申し訳ない気持ちになります。

それが、ゲーム的に別にそんなに大きなペナルティにならないところも、また辛い……。

当時はまだ純粋だったせがわちゃん、とりかえしのつかな~い後味のわる~いイベントに、

しばらく本気でふさぎこみました。

 

その優しさは今は見る影もない。

 

では、今回はこのへんで。